March 22, 2006

奇跡と悪夢

なんだかWBCが終わりました。
しかも日本が世界一というオチで。

イチローのセルフプロデュース力には脱帽で本当の意味での「プロ」
だなぁと感心してしまう訳です。
日本球界ではあと、新庄くらいかな。
あんまり野球のテクニックと関係ないトコだけど。


今回の日本の世界一で、当然ながら日本的視点でしか
国内では語られて居ないわけです。
そうすると、『あきらめなければいいことがある』とか
単方向の無責任な論調であふれかえっているわけですが、
この奇跡の裏には悪夢が有ることに視線をそらしてはなりません。
韓国しかり、キューバしかり、そしてMLBしかり。

どんなにがんばっても報われなかった人達が大勢いて、
どういう風に受け止めて、将来につなげていくのか?

それが肝心だと思うわけです。


kdfst at 14:02│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔